アクセスカウンタ

<<  2013年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


結球と半結球

2013/03/05 15:08
画像
芽キャベツと半結球メキャベツ(プチヴェール)を出荷しています。栄養価の高いコンビですが、プチヴェールの方が葉っぱが開いている分、栄養価は高いと言われています。
プチヴェールは自家採種を毎年続けていまが、なかなか思うような野菜に育ってくれず苦労しています。プチヴェールとして収穫できるのは2、3割です。こらからも、懲りずに種採りを続けていこうと思います。
野菜の世界では、葉っぱが丸まる野菜を結球、ふわっとゆるく何となく丸まっている半結球、丸まらなく開いた状態を不結球と呼びます。
白菜にも普通の結球白菜と、葉の開いた不結球白菜(山東菜)があります。
キャベツにも普通の結球キャベツ、不結球のスクマキャベツがあります。
レタスにも玉レタスとリーフレタスがあります。
多くの野菜は、丸まらない不結球が原種の姿と言われています。保存や加工をしやすいように人間が改良して作り出したのが結球野菜です。
丸い結球野菜の方が、寒さや暑さや病気などにも弱い傾向があり、原種から離れるほど野菜の生命力は減っていくようです。
画像
玉ねぎが少しづつ大きくなってきました。今年は寒さが厳しかったので、春の野菜は少し遅れ気味です。

画像
さつまいもの苗作りも始まりました。温かい踏み込み温床の上に腐葉土を敷き、形の良いさつまいもを並べます。腐葉土で薄く覆土し、さらに籾殻で保温します。5月には1000本以上の苗がここから採れます。
今年はべにあずま主体から、作りやすいべにまさりとべにはるか主体に変えています。個人的には、味や形、収穫量、すべてにバランスのよい、べにまさりがお気に入りです。
3月6日出荷の野菜は、芽キャベツとプチヴェール、三陸つぼみ菜、ベビーリーフ、かぼちゃ、長ネギ、キャベツ、さといも、さつまいも、自家製うどんです。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 5


<<  2013年3月のブログ記事  >> 

トップへ

ホームページ&メール

野菜セットのお申し込みやお問い合わせは、ホームページからご覧いただくか、をお送り下さい。
あらき農園〜自然栽培の野菜づくり〜 2013年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる