秋の畑は気持ちがいいです

画像
久しぶりの更新になりました。今年の夏は本当に暑く、農作業が本当につらく感じました。パソコンに向かう気力が起きず、畑の情報発信をサボってしまい申し訳ありませんでした。最近は涼しくなってとても気持ちよく畑仕事ができています。
写真は玉ねぎの草とりをしている所です。固定種に交配種も交えて色々な品種を作っています。玉ねぎの固定種の発芽が毎年ものすごく悪いのですが、種のせいなのか畑との相性のせいなのか、毎年困っている出来事のひとつになっています。固定種の赤玉ねぎや交配種はばっちり発芽しました。
奥はアスパラガス、今年の春にタネをまき、夏に畑に植え付けたもので、かなり勢い良く生育しています。収穫は早くて来年春、生育が悪いともう一年かかってしまいそうです。
アスパラガスは特に肥沃な畑で作らなければならない野菜のひとつかと思います。以前は痩せた畑で作っていたので、何年経っても細いアスパラガスしか収穫できませんでした。
画像
この大きな草はマメ科緑肥のセスバニアです。茎が硬く、背は高い所で3m近くあります。畑の能力が格段に上がりそうな感じがするかなりお気に入りの緑肥です。
今年はヘアリーベッチ、エンバク、ひまわり、ソルゴー、セスバニアの5種類の緑肥を使いました。畑の能力の大小に合わせ緑肥を考えていくのは、とても楽しい作業です。
緑肥を本格的に導入して数年になりますが、その効果を最近かなり実感できるようになりました。これからは冬の緑肥のエンバクとヘアリーベッチの種まきの時期になります。
画像
こちらは人参とネギの畑です。猛暑により生育がストップしていたネギも、最近の涼しさよってグングン太り始めてきました。玉ねぎが終了次第、長ネギの出荷を開始したいと思っています。
9月26日出荷の野菜は、じゃがいも(タワラヨーデル)、ミニたまねぎ、にんにく、かぼちゃ、さつまいも、ナス、ピーマン、ミニトマト、オクラ、きゅうり、ニラ、小松菜、ミニゴーヤです。
秋の葉物野菜が少しずつ出てきています。オクラやナスは終盤に入っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック