マイクロトマト

画像
小さな小さなマイクロトマトが実り始めました。小さ過ぎて収穫するのにとても手間がかかるトマトです。
一方で、今日出荷したのは、大きな卵位のサイズの調理用(加熱用)トマト。支柱要らず、放任栽培でもたっぷり実をつけ、ヒビもほとんど入らないスゴイトマトです。毎年、生食用トマトが終わるこの時期から収穫できるように作っています。トマト煮込みや、トマトスープ、トマトパスタなどに使って下さい。

10月6日出荷の野菜は、調理用トマト、しょうが、ミニ大根、小松菜、いんげん、ピーマン、ナス、ニラ、枝豆(八郷在来)、かぼちゃ、ミニ長ネギ、にんにく、じゃがいも(グラウンドペチカ)、さつまいもです。
調理用トマト、しょうが、大根が今秋初出荷です。自然栽培で作ったしょうがはかなり濃厚です。

お知らせです。 10月6日土曜日、午後12時30分から16時まで国際交流フェスタin板橋にて、あらき農園の野菜を販売しています。会場は板橋区立グリーンホール(板橋区栄町36-1)になります。お近くの方はぜひお立ち寄り下さい。

この記事へのコメント

hana 差し出がましくも
2012年10月09日 18:51
このマイクロトマトはあのMatt's Wild Cherryに見えますが
間違っていたら申し訳ありません。

摘むとへたと実の間で切れますので、ハサミで房採りが良いかと、、、先の未熟実も切りますが
このトマトは味が濃いので、スープに入れれば10個でわたしには十分で、、、
 味は最高かも、ついつい試食した近所の農家さんが「種はどこに売っているのか」と問いただす位です
りょうたろう
2012年10月10日 21:19
hanaさんコメントありがとうございます。
品種はおっしゃる通りです。草勢がとても強く、無肥料でもグングン育つマイクロトマトですね。
木が大きくなる収穫後半頃から味がのってきますね。うまみと甘みがありますよね。
収穫ははさみで房採りしています。ひとつひとう採るのは本当に大変ですね。

この記事へのトラックバック