秋野菜が美味しい

画像
秋いんげん、秋とうもろこし、秋の枝豆が採れ始めてきました。ピーマンも、秋は赤ピーマンの割合が増えています。
涼しくなり虫が減ってくる秋は、野菜の生育はとってもスムーズ。春から夏に採れるものよりも、秋から冬にかけて採れるものの方が、美味しい気がします。
画像
こちらは秋じゃがいもです。残暑の影響で発芽が遅れ、生育は遅れぎみです。
春秋兼用種のデジマ、アンデスの生育が一番良く、続いてアイノアカ。その他の品種は、皆ぼちぼちといった感じです。
霜が降りてしまうと葉っぱが枯れて生育は終わってしまうので、初霜が遅い年ほど豊作になります。涼しくて湿度も低い10月11月は、じゃがいもが最高に気持ちよく育つ時期なのです。

10月10日出荷の野菜は、秋とうもろこし、秋いんげん、黒豆の枝豆、調理用トマトまたはマイクロトマト、ミニ大根、ピーマン、かぼちゃ、長ネギ、しょうが、にんにく、じゃがいも(グラウンドペチカ)、さつまいも(べにあずま)です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック