早い初霜

画像
11月3日に初霜が降りました。しょうがは霜に数回あたると痛みが入ってしまうため、急いで全部を堀り上げました。
最近の傾向として感じるのは、初霜が早くきて、2番目の霜が遅くなっています。つまり、初霜さえなければ夏野菜の収穫が長く続き、しょうがやさといも、やまいもなどももっと大きくなってくれるのです。
しかし、初霜は農家にとっての切り替えスイッチのようなもの。野菜が霜で枯れてしまえば、いろんな面で諦めがつき、次の仕事が進むのも確かなのです。
画像
スナックエンドウのタネを蒔きました。同時に絹さや、グリーンピース、そらまめのたねまきもしました。右のやまいもも、葉っぱが黄色く紅葉してきました。
越冬する豆類の脇にはエンバクを蒔いています。厳寒期の霜よけ、春の敷き藁、土作り、硬盤破壊、通路の雑草押さえ、天敵の住処等々、数え切れない効果があります。
豆類は全て自家採種をしており、かれこれ5年目位になりました。
そらまめは昨年ほとんど芽が出ずに大失敗しました。タネがまだ未熟な段階で樹から採ってしまったことが原因でした。出荷はできませんでしたが、タネだけはなんとか採ることができました。今年は発芽試験を行い、発芽を確認してからの安全なたねまきです。
その他の豆類は毎年発芽良好なので安心できます。
画像
秋じゃがいもはベタがけをしておいたので、霜による枯死を回避できました。秋じゃがいもの生育終了は霜による枯れです。霜が降りなければ、いつまでもイモが大きく育ってくれます。もう少し頑張って欲しいところです。

11月7日出荷の野菜は、さつまいも、さといも、かぼちゃ、にんにく、しょうが、長ネギ、長崎唐人菜、大根、人参、ブロッコリー、トウモロコシ、ピーマンです。ピーマン、トウモロコシは部分的に生き残ってくれました。

今年はさつまいもが豊作になっています。さつまいも単品でのご注文も受け付けていますので、初めての方でも気軽にご注文してくださいね。
さつまいもは5年以上自然栽培を続けており、苗も自家採種です。甘みたっぷりで保存性も良いので、室内であれば長期間の保存にも耐えます。品種はべにあずま、べにまさり、べにはるかが主体です。
価格は通常品1キロ300円になります。規格外品(大きい、多少の虫食い、多少の変形)はさらにお安くできます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック