4月の野菜たち

画像
玉ねぎの草取りをして、畑がスッキリとしました。収穫時期が6月中旬なので、4月上旬の時点でここまで大きくなっていれば、そこそこの玉ねぎに育つと思われます。
玉ねぎは、一部でマルチ栽培も行っていますが、今のところ生育に大小はみられません。
画像
こちらは現在収穫最盛期の葉たまねぎです。肉厚の葉っぱをメインに食べる玉ねぎで、炒め物などに向いています。
ちなみに玉ねぎは昨年9月に<タネ>をまいたもので、葉玉ねぎは昨年9月に<小さな玉ねぎ>を植えたものです。葉たまねぎは収穫までに1年半かかっていることになります。
画像
自家採種のプチヴェールは、次々とミニブロッコリーへと生長しています。歯ごたえと甘味のある美味しいブロッコリーです。
半結球のプチヴェールで収穫し、花芽が上がってきたらミニブロッコリーでも採れる、2度美味しい野菜です。
生育にばらつきがあり、野菜の容姿も数種類が混じっていますが、つぼみが上がってくるのが遅い系統のものを集中的に残し、花を咲かせてタネを採ります。(お気に入りの株には棒を立てて、収穫しないで残しておきます)
来年のプチヴェールは、かなり固定化されているはずです。
画像
アスパラガスもグングン伸び始めています。
今年は植え付け2年目のため、元気の良い茎を伸ばして葉っぱを広げ(立茎と呼ぶ)、根っこに養分を蓄える期間にあたります。収穫をしないで我慢しますが、細いものや曲がったものだけは間引くように収穫しています。最終的には1株につき3~5本の茎を立て、草取りを続けながら秋まで生育を見守ります。

4月10日出荷の野菜は、かき菜、小松菜の菜花、プチヴェールブロッコリー、ベビーリーフ、ミニキャベツ、長ネギ、葉玉ねぎ、里いも、さつまいも、じゃがいもです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック