じゃがいもの収穫が始まりました

画像
じゃがいもの収穫が始まりました。
今年は黒マルチの平うね栽培で行っています。(昨年度の現代農業に何度も掲載され、かなりお勧めしていました)。
写真は、葉を切ってマルチをめくったところで、イモが半分ほど地上に顔を出しています。土の表面には、びっしりと細かい根っこが張り巡らされていて、根がしっかりと活躍している様子が伺えます。
画像
掘り上げるとビックリ、例年の倍くらいの量が採れています。
地上に近いところにイモがあるので、掘るのもすごく楽です。もっと早くこの作り方をすればよかったと、嘆くほどです。
手前は赤いアンデスレッド、奥は紫のタワラムラサキ。両方ともイモが茎に近いところに密集して付く品種なので、堀り上げも楽です。
画像
きゅうりの収穫量が一気に増えてきました。歯ごたえのある四葉系(イボイボ)の品種を中心に作っています。今回の出荷からたくさん入れさせてもらっています。
通路は、エンバクの敷き藁が敷いてありますが、収穫したじゃがいもの葉っぱを今回さらに重ね敷きしました。どんなものでも無駄にしないように心がけています。

6月19日の出荷は、新じゃがいも(デジマ)、玉ねぎ、にんにく、大根、人参、キャベツ、ズッキーニ、きゅうり、小松菜、ブルーベリーまたはアスパラガスです。

ブルーベリーの季節です

画像
ブルーベリーが色付き始めてきました。まずは子供たちの味見が始まります。味見が終わると少しづつ宅配に入れていきます。
春先に花芽をたくさん摘み取ったので、大きな実も所々に見られます。
6月から9月まで、長い期間楽しめるのがブルーベリーの魅力です
画像
インゲンの小さな白い花が咲き始めています。花が終わると中から小さなインゲンが伸びてきます。インゲンは平たいマンズナルと丸いケンタッキーを作っています。
来週位から収穫ができそうです。
画像
ぶどうの新梢の伸びに勢いがつき始め、高さが120センチを超えてきました。
これからは、地上80cmの高さにある横棒に沿うように誘引していくので、新梢の先端を曲げて横に倒します。
地面には、ライ麦やエンバク、クリムゾンクローバー、ソルゴー、クロタラリアなど、畑で使う緑肥を混播してあるので、雑草も混じってかなり草種が豊かになっています。
初めてのぶどう栽培ですが、本を見ながら何とか進んでいます。

6月12日出荷の野菜は、玉ねぎ、大根、人参、玉レタス、スナックエンドウ、グリーンピース、にんにく、茎ブロッコリー、キャベツ、ズッキーニ、春菊、です。
きゅうりやナスの一番果が採れ始めてきました。これから少しづつ出荷していきます。
スナックエンドウとグリーンピースは次回で終了になりそうです。今年は不作傾向で少し残念でした。

玉ねぎが大きく育ちました。

画像
たまねぎの収穫を行いました。玉ねぎの茎を子供たちがハサミで切り、コンテナに詰めていきます。
地力の高いこの畑では、肥料を使用しなくても様々な野菜が安定して収穫できます。
この畑は、お借りして10年くらい経ちますが、畑には一切何も投入をしていません。地力の衰えはあまり感じませんが、玉ねぎの後作に初めての緑肥を作ろうかと考えています。
画像
畑から抜いた玉ねぎは、その場で一日天日干しした後、茎を切り、コンテナに一段に並べて回収し、軽トラックで家へ持ち帰ります。風通しの良い日影で保存をしながら、今後は毎回出荷していきます。
画像
早くも、すいか割りです。すいかは遊んでから食べるものらしいです。

6月8日出荷の野菜は、玉ねぎ、にんにく、絹さや、スナップエンドウ、グリーンピース、そら豆、大根、人参、キャベツ、玉レタス、茎ブロッコリーです。
絹さや、そらまめは今回で終了になります。

じわじわ、そして一気に生長

画像
きゅうりの様子です。植え付け当初はじわじわとほとんど大きくなりませんでしたが、ここ数日の暖かさで一気に大きくなってきました。黄色い花も咲き始め、小さなきゅうりが出来始めています。もうすぐ収穫が始まりそうです。
画像
こちらはスイカの畑です。じわじわ生育の真っ最中で、蔓が少しづつ伸び始めています。
スイカは植えてから何もしない放任栽培ですので、タップリ敷き藁をした畝間は蔓でめいっぱいに覆われます。甘いスイカもゴロゴロ採れます。
奥のハウスは、屋根だけビニールで覆ってある雨よけハウスです。左にはトマト、右にはぶどうが植わっています。
画像
こちらはアスパラガスです。葉っぱや茎の量が2分の1位になるように間引き、高さも120cm以下に刈り込みました。通路には間引いた葉っぱがたくさん落ちています。光線不足や湿気などが病気を誘発するようなので、この作業はとても大切です。
今年は木の生長を優先させるために一切収穫をしませんでしたが、来年の春からはいよいよ収穫が始まります。
画像
茎ブロッコリーが収穫のピークを迎えています。甘くて食感も良い、新感覚のブロッコリーです。あっという間に伸びて黄色い花が咲いてしまうので、収穫の適期はかなり短くなります。

6月5日出荷の野菜は、新たまねぎ、にんにく、キャベツ、レタス、大根、茎ブロッコリー、チンゲンサイ、カブ、そら豆、絹さや、スナップエンドウ、グリーンピースです。